crazynakaの主に国内旅行に関連したブログ

広告)ブログ更新が苦手でもこれで大丈夫!

坂と小路と寺の街 【尾道を目いっぱい満喫しよう】

crazynaka
WRITER
 
sennkoujiakadou
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka
某 上場電機メーカーに勤務しているアラフィフサラリーマンです。 転勤族で、東・大・名の3大都市での勤務経験あり。 休日に関東、関西、中部とその周辺を旅行して街あるきを楽しんでます。 その中で好きになった街の中で一番のお気に入りは広島の尾道です。 よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

尾道と言えば映画で有名ですよね。

 

行ったことが有る人は分かるとおもいますが、山肌をぬう様に続く小路も魅力です。
そして、山を登る途中に振り返ると、尾道水道(海)が見えます。

 

時間がゆっくり流れるような街をゆっくり巡れば、コロナで家にこもっていた
ゆううつな気分も晴れると思いますよ。

 

今回はそんな尾道の山側のみどころを中心にご紹介します。

 

千光寺  歴史ある寺院で尾道の景観に癒されよう

onomiti1

提供源:写真AC https://www.photo-ac.com/

尾道市は海と山に囲まれ、山肌を縫うように走る坂道と
狭い路地で形成された独特な景観が魅力的な街です。

 

戦災を免れた街には、由緒ある寺が20箇所以上残ります。
中でも千光寺は境内から尾道の眺望を楽しむことのできる人気が高い観光スポットです。

 

onomiti2

 

歩いてもいけますが、ロープウェイを使って行くことをオススメします。
3分ほどで山頂駅に到着し、文学のこみちを通って5分程で到着します。

 

文学のこみちは文人墨客が天然の岩に作品を刻んだ趣ある遊歩道です。

 

ロープウェイとおのみちバス1日乗車がセットで売られた乗車券「おのみちフリーパス」
もあるのでチェックしてみてください。

 

千光寺は平安時代の始めに建てられ、本堂には千手観世音菩薩が安置されます。
諸願成就のご利益があります。

見た目が可愛い縁結びのお守りも密かに人気がありますよ。

 

onomiti3

 

鐘楼の鐘は18時を告げ、尾道水道を眼下に望む眺望と合わせて
「日本音風景100選」に選ばれています。

夕暮れ時には文人墨家が愛した鐘の音も合わせて楽しんでみてください。

 

所在地: 〒722-0033 広島県尾道市東土堂町15-1
電話番号:0848-23−2310

拝観時間:午前9時から午後5時

 

<アクセス>

・JR山陽新幹線をご利用の方
新尾道駅からタクシーで千光寺公園駐車場まで10分
駐車場から千光寺まで徒歩約10分

・JR山陽本線をご利用の方
JR尾道駅から市営バスで「長江口」下車
千光寺ロープウェイ「山頂駅」から文学のこみちを通って千光寺へお越しください
山頂駅から千光寺まで徒歩約5分

・車をご利用の方
長江通りから千光寺ドライブウェイへ
千光寺公園駐車場に駐車し、駐車場から千光寺まで徒歩約10分
※駐車料金600円

 

猫の細道 猫を探してノスタルジックな雰囲気に浸ろう

onomiti4

 

千光寺本堂下にある石段を5分ほど下ると、「猫の細道」という名の路地に出ます。
約200mの細い路地には尾道出身の画家・園山春二さんが手がけた「福石猫」が出迎えてくれます。
細い路地にこの作品を置いたことが路地の名前の由来になったみたい。

 

onomiti5

 

海で拾ったまん丸の石に猫が描かれ、それぞれ表情に個性があります。
中には背中をさすることでご利益が得られるものもありますよ。

ぜひ、路地に隠れた猫を探すようなワクワクさとノスタルジックな雰囲気をお楽しみください。

 

所在地: 〒722-0033 広島県尾道市東土堂町19−26

アクセス:千光寺ロープウェイ「山麗駅」より徒歩1分

 

梟の館  アンティークなカフェで一息

onomiti6

 

猫の細身を抜け、坂を登った先に現れるカフェもオススメです。
古い建物ですが、それもまた味があります。
歩き疲れて一服するのにちょうど良く、後ろを振り返ると瀬戸内海が見渡せ心が安らぎます。

 

onomiti7

 

店内は落ち着いたアンティークな感じ。
梟の写真や置物が1500羽以上飾られており、とってもユニークな空間です。

その他、満月の夜にだけ完全予約制の「観月夜会」が開催されているそうなのでこちらも要チェックです。

 

所在地: 〒722-0033 広島県尾道市東土堂町15−17

休館日:水曜日

営業時間:11時頃から日没頃

 

つたふじ本店 昔ながらのほっとする味「尾道ラーメン」

 

尾道市に来たら欠かせないのが尾道ラーメンですね。
尾道ラーメンといえば朱華園が有名でしたが現在は閉店されています。

近い味の尾道ラーメンとして有名なのが今回ご紹介する「つたふじ」です。
メニューは主に中華そばと中華うどん。
卵の効いた細麺に濃すぎない醤油ベースのスープでほっとする味を楽しめます。

 

ちなみに、地元の人はアーケードの中にある「みやち」に行く人が多いとか。
自分好みの尾道ラーメン店を探してみてください。

 

営業時間:午前11時から午後5時
定休日:毎週火曜日

 

瑠璃山の浄土寺奥の院

onomiti8

 

尾道の眺望を心ゆくまで楽しむなら瑠璃山まで足を運ぶと良いです。
標高178.8mの山で、千光寺のある大宝山、西國寺のある愛宕山と並び尾道三山に数えられます。

山頂には展望台もありますが、浄土寺奥の院からの眺望も負けず劣らず。
尾道水道を南側から一望することが出来ます。

ここは観光客があまり訪れない穴場スポットのため、静かに尾道の眺望を楽しみたい方にオススメです!

 

所在地:広島県尾道市尾崎町
アクセス:浄土寺山頂駐車場(2台/無料)に駐車し徒歩約5分

 

まとめ

 

今回ご紹介した内容は尾道市1日散策コースとして十分なボリュームになるかと思います。
尾道は坂道が多いので訪れる際はスニーカーでお越しくださいね。

まだまだ魅力たっぷりな尾道観光 海側 の記事も合わせてどうぞ。

海としまなみの島を巡る 【尾道を目いっぱい満喫しよう】

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka
某 上場電機メーカーに勤務しているアラフィフサラリーマンです。 転勤族で、東・大・名の3大都市での勤務経験あり。 休日に関東、関西、中部とその周辺を旅行して街あるきを楽しんでます。 その中で好きになった街の中で一番のお気に入りは広島の尾道です。 よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© crazynakaの国内旅行ブログ , 2020 All Rights Reserved.